2017年7月16日

68:ダンデライオンシャドウ

Filed under: お直し — poussette @ 10:07

FullSizeRender(115)

10年ほどお使い頂きました68のお直しです。以前口金の交換をさせて頂いていまして、今回の生地のお張り替えは2度目のお直しです。

IMG_1594

お直し前の状態。ユートラドゴッド(スウェーデン語で動物の森)という意味です)は人気の柄でした。柄ゆきの関係で蓮と蝶の柄が出るこの子は製作数が少なめです。

FullSizeRender(116)

口金を外したところ。もとの生地も縫製部分を解くと、旧仕様の芯が出てきました。使っていた芯が廃番となり、同じクオリティで製作できるものを必死で探していた記憶が蘇ります。当時とは物価もずいぶんと変わり、同じ仕事を同じ価格で提供させて頂くことが難しくなっています。10年という時間は、そうした変化を実感できるくらいの日々なのだなと実感します。

新しくなったがまぐちもながく可愛がって頂けますよう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ