2018年4月30日

業務日誌

Filed under: 日々のこと — poussette @ 23:59

68950422-C148-46AD-8C13-F09CD5282078

はじめてのアンティークミシン。楽しく踏んで頂けてよかった。

C5E7D023-4939-4CAB-9488-F497B84FA50C

頑張ったぶんだけステッチになっていきます。躓いても、もつれそうになっても、止まっても、諦めなければ縫い終えることができる縫製は人生と似ているのかもしれません。

2018年4月29日

ボディバッグ

Filed under: おあつらえ — poussette @ 23:50

29C68B74-8694-40F5-B4FC-61A6C9E065C3

#8キャンバスのボディバッグ。モノトーン系でまとめられた本体にテラコッタのレザーロック。ほどよいトラッド感とカジュアル感です。これから始まる大学生活のお伴をさせて頂きます。

ボディバッグ

Filed under: がまぐち:ボディバッグ — poussette @ 11:03

D5F007D3-BF3B-4874-93F1-3694D365FC8A

#8キャンバスのボディバッグ。スタンダードなシルエットとなっていますが、外側ポケットつきの1点ものです。

24088CEB-E679-4E9B-8ACE-E1011EE4B229

鞄の背中にくる側(提げる際、内側になる向き)にポケットがあります。12cmずつの2箇所に仕切られており、35カードケース・パスケースを入れた状態でロックを着けられるようになっています。

8DD207DE-D51A-47A3-86AD-A7A3CC7068B5

ロックを外したところ。

2AB08B27-7F04-44FA-B043-1C840F9052B5

35カードケース・パスケースは横向きにお入れ頂けます。

品 番:01502018

サイズ:ボディバッグ
口金色:アンティークゴールド
表 地:コットン100%・日本製
裏 地:ポリエステル100%・日本製
ロック:本牛革・日本製
提方向:右肩からかける
その他:ストラップ:ナイロン100%

高さ:170mm(玉の部分20mm含む)
幅 :355mm
まち:70mm

価格:SOLD

2018年4月24日

業務日誌

Filed under: 日々のこと — poussette @ 22:24

3D5EDE92-6628-4386-87BB-6A0B8616153E

今日仕立てあがったふたつのボディバッグ。どちらも黒の#8キャンバスですが、提げる方向が違い、ストラップとレザーのお色目も異なるので表情が違います。内生地も異なっていて、ひとつひとつが個性的です。そのため、お仕立てはその都度生地を出しては地直しをし、カットの際も内生地に合わせた芯を入れたり、ステッチもお色目に合わせて糸を変えたりと手間がかかるのですが、お承りの際ご相談させて頂いた時間を思いながら、オーナーさまの日々に寄り添えるものであれるようお仕立てをさせて頂いています。

FDEC6781-4238-46B0-86AE-DBFE1D264804

右肩かけ用、黒白の組み合せ。

6D7FA41E-C7A9-4BAD-B02C-57C217D94E40

左肩かけ用、黒黒の組み合せ。

お仕立てにはどうしても時間がかかってしまいます。お待たせしてしまうことがたいへん心苦しいのですが、ひとつひとつ手で仕上げていくアナログな仕事です。少しでも早くお渡しさせて頂けますよう日々製作させて頂いております。お仕立て上がりを楽しみにお待ち頂けましたら嬉しいです。

ロングパース

Filed under: おあつらえ — poussette @ 22:14

0492E56B-AED5-4862-96A4-87EF94368384

バイオレットのレザーのロングパースです。レザーは水濡れや汚れに強い樹脂コーティングを施しています。このコーティングはすべて手作業で時間と手間のかかる工程ですが、毎日お使い頂くアイテムだからこそ必要な作業だと考えています。

96EC1CEB-3745-442E-BCC7-7C8AD35F1872

内生地はブラウン。バイオレットのレザーとのコントラストがきれいです。小銭入れ部分もフレームをつけており、小銭がたまらず取り出しやすいよう一般的なロングパースとは作り方が異なっています。玉(開けるために持つまるい突起部分)も横についたフレームで可愛らしさだけでなくちからが入りやすく開けやすい形になっています。

41D688EE-4C95-4ED5-8921-228789A3567A

手にするとこのくらいのバランスです。カードを2列にならべて収納できる大きさにフレーム部分がつきますので、通常のロングパースより少し大きく感じられるかもしれませんが、そのぶん厚みが薄くなっており、30枚程度のカードをお入れ頂ける容量を確保していますが、3cm程度の厚みに抑えられるようにパターニングしています。

F7A0E67F-C7FE-48B2-9CAC-B8DBA64446B1

手にしたときに手のひらのアールに合うふくらみ、まるみになるようパターニングしています。日々使うものだからこそ、違和感なくお持ち頂けるものであれたら嬉しいです。

お直し:内生地お張り替え

Filed under: お直し — poussette @ 22:06

DC2A4FD3-7881-4590-9777-E45EB71CA785

ボディバッグの内生地のお張り替えです。

C913AF9A-4D4C-4FA8-8D47-D0EB30B1D4B1

内生地を外すためにフレームから生地部分を外し、縫いつけている箇所をすべて解いていきます。手間のかかる作業ですが、表生地や他のパーツを傷めないよう丁寧に進めていきます。

E2A3DDFB-2233-4074-AE5C-CCEFE9FB3E89

新しい内生地はポケットのサイズが変わっており、ディフォルトのポストカードサイズ x 1、カードサイズ x 2からポストカードサイズ x 2となっています。オーナーさまの使い勝手に近づけるアイテムになれていますよう。

2018年4月21日

ボディバッグ

Filed under: おあつらえ — poussette @ 19:41

348B00B5-E0E6-413D-9232-D0CC2ED96111

ブルーのキャンバスに鳥コールのストラップ、キャメル系カラーのレザーの組み合せです。

E7EED0EF-AD04-42EE-83CA-CA079489C08C

内生地には碇(いかり)柄のプリンテッドコットンを合わせくださいました。フレンチテイストあふれるアイテムに仕上がっています。

80:ファンダンゴ

Filed under: おあつらえ — poussette @ 10:17

69A71903-0237-47C1-A273-E99B82ECE792

マリメッコを、そしてデザイナーであるマリア・イソラの代表作とも言えるテキスタイル。原色の組み合せが多いこのテキスタイルですが、この生地は2001年の限定のもので、アースカラーにシルバーの顔料プリントが施された品のある印象です。

86E2AA15-A520-401A-9614-4A5FCDB5E2C5

柄が大きいためアシンメトリーに柄を配置しています。切ってしまうと取り返しのつかない生地のカットは最も気を遣います。

191C8028-8096-411D-9CD5-5F5F76E99EAD

内生地は濃紺のピンドットをお合わせくださいました。この生地も2007年に買い付けておいたストックです。こうしたスタンダードな柄であっても同じものが手に入らないことがあるのが生地の世界。20年ほど前の表生地と10年ほど前の内生地で仕立て上がりました。

2018年4月17日

2018年ゴールデンウィーク営業日のご案内

Filed under: ごあんない — poussette @ 19:37

いつもプセットを気にかけてくださいましてありがとうございます。

2017年ゴールデンウィーク中の営業日のご案内です。

4月28日 :12:00 – 19:00
4月29日 日・祝 :12:00 – 19:00
4月30日 月・振 :12:00 – 19:00
5月1日 (火) :13:00 – 19:00
5月2日 (水) :13:00 – 19:00
5月3日 木・祝 :12:00 – 19:00
5月4日 金・祝 :12:00 – 19:00
5月5日 土・祝 :12:00 – 19:00
5月6日 :12:00 – 19:00
5月7日 (月) :おやすみ
5月8日 (火) :おやすみ
5月9日 (水) :定休日
5月10日 (水) :定休日
5月11日 (金) :おやすみ

5月12日(土)より通常どおりの営業とさせて頂きます。

みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

2018年4月15日

業務日誌

Filed under: 日々のこと — poussette @ 22:10

67120880-F213-4FA0-9126-55F14E52ED98

フランスの鳥柄ジャカードの45。オーナーさまはプセットのご近所さま、恵文社一乗寺店で開催されていた絵本作家、酒井駒子さんのサイン会へ行かれておられました。

AA921D89-3DC3-4AB6-A193-319AF3250380

お客さまがお持ち下さっていた絵本。どちらも素敵なお話です。ビロードのうさぎはアメリカの古いお話で、たくさんの作家さんが絵本にされていています。自身は10代の頃、フラヴィア・ウィドゥンさんの絵本ではじめて触れたお話でした。その絵本もドリーミーな世界観でフラヴィア・ウィドゥンさんの叔父のことを書いた「フラヴィアと夢を紡ぐひと」という絵本とともに心に残っています。後に酒井駒子さんの描かれた絵本にも触れる機会を得て、それ以来敬愛する絵本作家さんのおひとりです。

4E126E93-288E-4936-8B93-363F4396F922

お客さまの絵本に入ったサインを拝見させて頂きました。こちらはよるくまのもの。男の子とくまが超絶かわいいです。

8C024549-1CD9-4241-88B3-9AFA1B121897

こちらはビロードのうさぎのもの。サインだけでなく、ストーリーに合わせてイラストまで沿えてくださっている酒井駒子さんのお心遣いが伝わってきます。

ショップオープンのために出られない僕のために、お客さまがはじめの写真にあるポストカードをご用意くださいました。あたたかなお気持ち、ほんとうにありがとうございます。

次ページへ »