2018年2月23日

生地お張り替え:ボディバッグ

Filed under: お直し — poussette @ 21:45

ボディバッグの表生地お張り替えです。

ABB443D7-6EDD-4A2C-8929-B9EA42463023

口金を鞄から外していきます。裏生地はお直しに使用するので、ていねいに作業します。

96E80CCB-199F-4A16-8743-EB3A58ACA62F

口金が外れたところ。口金に入っていたところは仕立てたときのまま。お鞄はパラフィンキャンバスらしいロウの浮きと日焼けで色が変化しているのが分かります。この状態もとても素敵ですが、角に破れが出てきているので張り替えさせて頂くことになりました。

IMG_6309

パーツを付けたりミシンをかけたりしてお直しができました。手前がお直し後、奥がお直し前です。レザーロックで隠れていたところとの色の違いにも経年変化が見られます。パラフィンキャンバスは比較的丈夫な素材ではありますが、ボディバッグにお選び頂ける#8キャンバスと比べるとお直しが必要な生地でもあります。独特の経年変化とアンニュイなお色目はお直ししても使いたくなるような素材感ですね。楽しんでお使い頂けるよう僕もていねいにお直しさせて頂きます。

55:おうむ柄のフレンチリネン

Filed under: がまぐち:55 — poussette @ 09:56

4297FAA1-8D00-468A-A147-2B272ED31E4E

水彩画のようなタッチのフランスのプリンテッドリネンです。やわらかさと鮮やかさが同居したフェミニンな雰囲気があります。

品 番:00462018

サイズ:55
口金色:アンティークゴールド
表 地:リネン100%・フランス製
裏 地:コットン100%・日本製

高さ:125mm(玉の部分15mm含む)
幅 :185mm
まち:60mm

価格:7,500円(税抜価格)

業務日誌

Filed under: 日々のこと — poussette @ 01:34

定休日の今日。久しぶりにキッチンに立ちました。

5357BF58-473E-4A9A-B2BD-175C89238627

菜の花と蛸のアンチョビソースと三度豆の生ハム巻き。パスタを茹でるときに三度豆も一緒にボイルして時短+ほどよい塩加減になります。三度豆を盛る器はパスタソースを作る際にオリーブオイルに香りづけに使った鷹の爪と大蒜を最後に合わせるために一度上げた器を使っていて、フレイバードオイルが絡んでくれて、かつ洗い物を減らす横着なレシピです。

5D81B1A3-9090-468A-A42C-1E25A87C5134

グリルドチキン。ハーブと岩塩で下味をつけた鶏肉をゆっくり焼くだけのありきたりな料理ですが、作るのも頂くのも好きな料理です。チキンのソースには岐阜・養老のみつばちの郷さんのゆずのはちみつ漬けを。そのまま柚子茶でもとてもおいしいのですが、料理でも活躍してくれます。付け合わせは先のパスタで余った菜の花。オリーブオイルでかりかり手前になるまで軽く揚げています。菜の花は芥子菜と同じアブラナ科で、ほんのりからしのようなかおりがします。オレンジソースのようでもあり、ハニーマスタードのようでもある、そんなひと品です。

17212B56-0759-40E8-96A5-0296F21EA2CE

チキンのトマト煮。ラタトゥイユを作るのと同じハーブ使いなのですが、香りづけに鷹の爪を使っています。夏野菜がないので春菊を合わせました。ちょっと高かったので控えてしまったのですが、大根や蕪またはセロリなどを一緒に煮込んでもおいしいと思います。ハーブとスパイス、トマトが春菊独特のかおりを和らげてくれるので食べやすくなります。思いついて作った夜食できのこもなかったのでポルチーニのフレイバードオリーブオイルを使って風味づけ。

レシピも食材の買い出しのときにその場で考えたり、価格や鮮度を見たり。生地の買付けと変わりないことをしているような気もしますが、こうした生き方が自分なのかもしれません。ひとは同じことができる、同じものを知っている、同じことができる、といった自己確認をすることで自分が過去から現在まで連綿と自分であることを自覚し安心しながら生きているものだと聞いたことがあります(カフカの「変身」がそのことに焦点をあてたはじめての文学作品だとも。)。たしかに僕自身、目が覚めたときに今日はミシンが踏めるのだろうか、と疑問に思うことがあります。若干の不安がありながらもミシンを踏んでみるとがまぐちが出来上がってくれます。そのとき、ああ、やっぱり自身は職人だった、そんなふうに思えます。何年仕事をしてもそう思う日が来るのは、ひとがそうした自己確認をしながら生きるものなのか、もしくはそういう自分だからなのでしょう。願わくば、今日もあなたはあなたですよ、とそばで支えてくえる方があることを。

2月ももうラストスパートですね。ショップではもちろん、3月3日(土)からは高知・須崎の川村雑貨店さまでの個展開催がございます。そちらでもみなさまとのご縁がございますこと、楽しみにお待ちしております。