2017年10月6日

55:花柄刺繍のローン

Filed under: がまぐち:55 — poussette @ 19:49

IMG_3506

大きく花が刺繍された人気のファブリックです。

IMG_3507

裏生地にはシルバーのダマスクを合わせています。

品 番:04512017

サイズ:5.5寸
口金色:アンティークゴールド
表 地:グラウンド:コットン100% / 刺繍:コットン70% + レーヨン30%・日本製
裏 地:キュプラ100%・日本製

高さ:125mm(玉の部分15mm含む)
幅 :185mm
まち:60mm

価格:7,500円(税抜価格)

業務日誌

Filed under: 日々のこと — poussette @ 12:28

IMG_3356

うどん文化が根強い関西にあって孤高の存在となっているお蕎麦、にしん蕎麦。春告魚とも呼ばれ3月頃に北海道へ産卵のためにやってくるこの子たちですが、お魚としておいしく頂けるのは実は10月〜12月頃。京都では年越し蕎麦ににしん蕎麦を選ばれる方も多いです。甘煮のにしんを温かいお蕎麦に載せるスタイルはお蕎麦の味が分かりにくくなってしまう、なんて思われる方もおられるかもしれませんが、これをおうどんで頂くとまったく別の味わいになってしまいます。そのくらいにしんの甘煮とお蕎麦が絶妙に合っているのですね。

輸送技術や冷蔵・冷凍技術が進歩する前のこと、海から遠い京都で頂ける鮮度の高い魚は生命力の強い鱧くらいでした。鯖寿司やにしん蕎麦はそんな環境で生まれた京都ならではのメニューです。

もともと京都は名産・特産と呼ばれるようなものは多くなく、全国から集まってくるものに頼って生活する土地柄。そば粉もにしんも、出汁に使う昆布すら、いわば輸入品だったわけですが、それらを組み合わせて、京都でしか生み出せないものをつくる、それが古来からの京都のスタイルです。たくさんのものが全国から集まってくる環境だったからこそできることですね。今でも京都にはそうした文化が力強く受け継がれています。新しいものが好きで、それをうまく古来の文化に融合させていくセンスと技術が、今も昔も京都の文化を支え続けています。プセットもそうした文化の片鱗を受け継いで、温故知新のものづくりを続けています。

本日、10月6日(金)は13時よりオープンいたします(もう間もなくですね!)。みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

一乗寺秋まつり 2017:のきさき市出展者さまのご案内

Filed under: ごあんない — poussette @ 12:01

いつもプセットを気にかけてくださいましてありがとうございます。

一乗寺秋まつりに合わせてプセットのショップにて開催させて頂きますのきさき市、出展者さまのご案内です。今回は ‘kAEL INK’ さんのご紹介です。

出展日 :10月28日(土)29日(日)
アイテム:ヒゲタイ・パンブローチ

IMG_3493

IMG_3488

IMG_3496

IMG_3490

作家のカエルカバンさんからのメッセージを頂いています。

初めまして。
イラストレーターのカエルカバンと申します。

KAEL INKは
移動雑貨屋さんのイメージです。

INKのにじみがじんわりと広がっていくようにすこしずつでも、いろんなアイデアが液体みたいに混ざったりして新しい色が生まれるような。

見て、手にとって楽しくて

会話がうまれる
そんなモノヅクリを目指しています。